魚のドッグフード

最近では、お肉を原材料にしたドッグフードではなく、魚を原材料にしたドッグフードの人気が急増しています。
魚にはお肉と同等以上の栄養素が沢山含まれていますので、ドッグフードには最適な材料だと言えます。魚に含まれている栄養素のどれもが、犬の体を健康に保つ上でとても重要な役割をもっています。
そのため、お肉ではなくお魚を原材料に作られたドッグフードが人気なのも当然の結果だと言えます。

魚に含まれている栄養素の中には、骨や歯を強くするだけではなく、ストレス解消効果も持っているカルシウムであったり、体を作る大事な栄養素であるのはもちろんの事、体の働きを良くする働きがあるタンパク質、犬の死因で注意しなければいけない動脈硬化や心疾患予防、胆石予防など、様々な病気を抑制する効果のあるタウリン肌、毛並みをよくするω-3脂肪酸など豊富な栄養素が沢山含まれているのです。

また、魚で作られたドッグフードを選ばれる方の中にはダイエットをさせたいと選ばれる方も増えています。魚はお肉に比べるとカロリーが低いので犬の肥満の抑制につながります。
くわえて肉に比べて消化がとても良いので胃腸の弱い犬や高齢犬などにも負担をかけずに食事をする事ができるなど、とてもメリットの多い材料だと言えます。